PECC

 
2013.5.10-5.14

天津梅江国際展示場

 
天津市挨拶
 
 天津市は中国の直轄市であり、中国北方最大の沿海開放都市でもあります。
 天津市は日本と長期的に且つ友好的な経済貿易上の協力関係を持ち、日本企業の投資集中地です。長年に渡って、双方は経済上の協力関係を絶えず強化し、投資、取引額が急増し、相互交流と人員往来が頻繁であり、協力の基盤は確固足るものであります。目下、天津で投資している日本企業は2070社あまりがあり、多くの日系企業が天津で良い発展を遂げています。
 第20回天津貿易商談会の開催が成功できると確信しております。より一層の協力領域を切り開き、発展理念を更新し、観光市場を開拓し、協力の成果を深め、ウィンウィンと共同発展を実現させるために、われわれは心からより多くの日本の友人が天津へ本展示会に参加することを歓迎しております。
 最後に第20回天津貿易商談会が円満な成功を収めますよう、日本の友人皆さまが天津に滞在中、ご機嫌とご健勝をお祈りしまして、ご挨拶といたします。
天津市 副市長 
任学鋒

主催:中華人民共和国商務部  天津市人民政府 中華全国帰国華僑連合会 中国商業連合会 中国外商投資企業協会 

   中国外経貿企業協会

   後援:中国人力資源社会保障部 太平洋経済協力理事会(PECC) 中国国際貿易促進委員会(CCPIT

協力:北京市人民政府 河北省人民政府 山東省人民政府 遼寧省人民政府 中国太平洋経済合作全国委員会 中糧集団 

引受:天津市商務委 市経信委 市科委 市建設交通委 市農委 市交流合作弁 市外商投資サービスセンター

   市貿促会 市僑聯、市商聯会