トピックス‎ > ‎

第九回PECC国際貿易投資博覧会案内

posted Mar 15, 2013, 6:00 AM by Peng Mu   [ updated Jun 11, 2013, 1:02 AM ]

中国·天津  

第九回PECC国際貿易投資博覧会

天津梅江国際展示場

2013.5.10-5.14

主催:中華人民共和国商務部  天津市人民政府 中華全国帰国華僑連合会 中国商業連合会 中国外商投資企業協会 中国外経貿企業協会

後援:中国人力資源社会保障部 太平洋経済協力理事会(PECC) 

中国国際貿易促進委員会(CCPIT

協力:北京市人民政府 河北省人民政府 山東省人民政府 遼寧省人民政府 中国太平洋経済合作全国委員会 中糧集団有限公司 

引受:天津市商務委、市経信委、市科委、市建設交通委、市農委、市交流合作弁、市外商投資サービスセンター、市貿促会、市僑聯、市商聯会



第九回PECC国際貿易投資博覧会案内

太平洋経済協力理事会(以下PECCと略称)国際貿易投会は、中人民共和国政府と太平洋経済協力理事会の力な支援の上で、また25に及ぶメンバー機関積極的に参与したおかげで、今日まで延べ8回にも成功催された。第9回PECC際貿易投会は、20135月には天津梅江国センタにて盛大に行われる予定である。

PECC際貿易投会(天津)とは、「太平洋経済協力理事会(PECC)」によって、中国においては唯一永久主催地として可された国会のことである。1999年から今日にかけて、本展会の模は年々大しつつ、前回の第8回博会の展示エリアの60000平方メトルにもした。今までの展会には、海外から数十各国と地域の百以上の企体、そして、中国国内から40あまりの省自治区と市の代表団も出展学しに参加してきた。そのため、PECC会はブランドイメジを打ちたて、中国全土及び太平洋地域でも一定の知名度と威を持ちながら、中国北方地域におけるずいぶん影力がある国会の一つとなったともいえる。
 本国会の期中には数多くのフォラム、推薦説明会と研究セミナを行われ、これまでの各回博会では国内外からの影力ある専門家と政府関係者がそれぞれのシンポジウムに参加し議論を展された。本博会はまさに国内外投と国際資本の集まる所と、最新のハイ技経済貿易情流通の舞台と、国内外の名の知れる企及びそのブランド品の展示の口と、また各分野の秀な人材と科学研究成果の交流と技の媒体となりつつある。
代博会の展示内容からると、世界における30あまりの国家と地域、中国の三分の一の省自治区と直轄市及び40あまりの地方都市の1万の企にも及んできた。本博会は7つの展示エリアからなっており、その分布の内は以下のとおりである。すなわち、国展示エリア、国内展示エリア、中央(国)大手企展示エリア、中華伝統ブランド展示エリア、出入商品展示エリア、日本企展示エリア及び工芸品専門館展示エリアということである。それとともに、天津国センタにて日用生活消耗品小専門館ける予定である。前回の第8回の博では、合5万あまりの商を希望するビジネス客が博会にれ、契調印した総額1429人民元にしたうえ、商品取引9.5元にもした。
本博会は天津市国際経済貿懇談会と同時開催に当たって、中国国内外のビジネス源を一堂に集まり、中国企への国と国際貿易を促するを造りながら、世界各地域のビジネス客及び投進機関とので良好な力体制を構築した上で、中国企の海外投と国際貿易に専門的な情とサビスを提供することができるシステムを造り上げて行くことを旨とする。これによっては国内外での国際協力の率向上と品のために、また投相手国の地市の繁に大きな意を持つと考えられる。

上述したように、様奮ってご参加くださいますご案内申し上げます


太平洋経済協力理事会

Pacific Economic Cooperation Council

 太平洋経済協力理事会PECCは太平洋地域の国と地域の政府、工商界、学術界の関係者からなる非政府間国際組織です。その目的は太平洋各経済体の経済貿易協力を促進し、地域の安定、繁栄と進歩に寄与することにあります。現在、その加盟国は中国、日本、韓国、アメリカ、カナダなど25の国です。

公式サイト(英語)Homepage: www.pecc.org

日本外務省関連紹介:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/pecc/gaiyo.html

近年PECC博覧会海外活動内容

2011年 第七回PECC博覧会:

アメリカネブラスカ州相談会

アフリカ投資説明会

2012年 第八回PECC博覧会:

EU投資説明会

アセアン市場投資説明

 

 

関連報道

前回案内サイト http://www.ccpit-tj.org/pecc/jp/

国際放送報道 http://japanese.cri.cn/881/2009/10/26/1s149187.htm

2009年日本専門相談会関連報道http://www.ccpittj.org/new_maoyi/inside_details.asp?c1=56&number_id=964

6回関連報道

6回太平洋経済協力理事会(PECC)国際貿易投資博覧会が26日、天津で開催されました。この博覧会ではPECC加盟国およびEU・欧州連盟加盟国の生態都市建設の成果が展示されています。
 開幕式には、国連のアンナン前事務局長、モリソンPECC輪番議長ら22カ国と地域の中国駐在使節、工商機関、企業の代表2000人余りが出席しました。
 未来を設計し、「自然と調和の取れた生活」をテーマにした今回の博覧会は、PECC加盟国およびEU諸国の生態都市計画、住宅設計、都市景観の設計、庭園緑化などについての新しい理念、技術、製品が主として展示されています。
 この4日間に渡って行われる博覧会の期間中、「グリーン中国と調和の取れた世界」という国際シンポジウム、「国際生態都市ハイレベルシンポジウム」などが行われています。これらのシンポジウムでは、経済界、学術界、企業の専門家が共に生態都市建設の理念について討議し、この面における各国の技術交流と協力の促進が期待されています。
PECCは太平洋地域の国と地域の政府、工商界、学術界の関係者からなる非政府間国際組織です。その目的は太平洋各経済体の経済貿易協力を促進し、地域の安定、繁栄と進歩に寄与することにあります。現在、その加盟国は中国、日本、韓国、アメリカ、カナダなど25の国です。

Comments