お知らせ‎ > ‎

ロボット産業「黄金時代」に: 日本企業も中国生産へシフト

posted Oct 14, 2009, 11:50 PM by Peng Mu   [ updated Mar 15, 2013, 5:39 AM ]
 高騰する人件費や深刻化する労働力不足を受け、中国の工場で自動化需要が高まって
いる。中国の産業用ロボット市場は今後「黄金時代」を迎えるとされ、10年後の202
3年には生産高が3,000億元(約4兆4,000億円)規模に達するとの予測もある。これ
まで産業用ロボットを日本で生産していた日本メーカーも、中国で拡大する需要に対
応するために相次いで現地生産をスタートしている。
Comments